商品情報 無料プレゼント お問い合わせ 商品購入方法

 

リッチ&シンプル作曲術へおいでくださり

大変ありがとうございます。

 

2年以上かけて制作して完成出来た

ミュージック工房スメラギ "リッチ&シンプル作曲術 "

のテキストを格安の価格で手に入れるご紹介を行っております。

これさえあれば自由自在にあなたはかっこよい音楽を

楽しくパズルを組み立てるように作曲や編曲が出来るようになります。

 

本格的に作曲する為の手順を下記に書いてみました。

 

(1) まず最初に4段の白紙の楽譜を準備します。

 

(2) 3段目の白紙の楽譜に、コード進行3Chord、

コード進行4Chord、コード進行終止形Chord、或いは

コード進行Guitar3Chord、コード進行Guitar4Cord、

コード進行Guitar終止形Chordの一覧表を見て

コード進行を決定していきます。

沢山のコード進行表がありますので、まずは適当に

選定して並べていってみるのが良いと思います。

ハ長調の曲を作曲する場合の例ですと、最初の小説には

CのChordで始まるものを選んだ方が良いと思います。

作曲は文章を書くことに似ていますので、切れ目の

良いところで半終止、偽終止、不完全終止などの

終止形を入れて、最後には変格終止形や完全終止形

を入れて作曲を進めると自然で美しい

音楽に仕上がってゆきます。

 

(3) 3段目に書き入れたコード名に対して、2段目の

白紙の楽譜に、和音構成対応表を見て、一番上の

9度和音、11度和音、13度和音のいずれかを

選択して書き写していきます。

 

(4) 白紙楽譜の1段目には、リズムパターンの一覧表

を見て、これぞと思うものを決めて書き写します。

4拍子では64815種、3拍子では3927種、2拍子では

255種類のリズムパターンが有りますので

ご自分でお好きなリズムパターンを選定して

もらえば良いかと思います。

 

(5) 1段目に書いたリズムパターンを上下に動かして

メロディーになるように移動させるのです。

但し2段目に書き入れた和音構成対応表の9度和音、

11度和音、13度和音の音からかけ離れたもの

ばかりにならないように注意して下さい。

少しくらいであれば、経過音として処理

されますので問題はありません。

 

(6) 白紙楽譜の4段目に、3段目のコードを読んで低い

音を中心にしてベース音を作っていきます。

普通では、ベースは単音で処理されますので

あまり苦労することはないと思っています。

 

(7) 白紙楽譜の2段目に書いた和音構成対応表の

和音をアレンジして伴奏に変換していきます。

アルペジオであったり、和音であったり、和音を

若干分散させたり、様々な方法がありますので

楽しく作ってゆくことができるものと思っています。

 

(8) 3段目のコード進行の和音からかけ離れない

ようにして副旋律にするか、或いはパーカッション

にするか、又は削除して無しにするか

4段の楽譜ではなくて5段の楽譜にして

副旋律も入れてパーカッションも入れて少し

複雑に作曲することも考えられます。

あとは、あなたのアイデア次第でとんでもない

ビックリする名曲ができあがるかもしれません。

今すぐ、このミュージック工房スメラギの

"リッチ&シンプル作曲術"を手に入れられて

周りの人たちを驚かせてみようではありませんか。

 

リッチ&シンプル作曲術を確認してみる

 

プライバシーポリシー

特定商取引法に基ずく表示